容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

厚木居酒屋 大人の喧嘩は「先に110番したほうが勝つ」理由

  1. 2011/09/20(火) 17:28:54|
  2. 厚木居酒屋|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
喧嘩片成敗

 自分は殴り合いの喧嘩とは無縁だと考えている人は多いだろう。しかし刑事弁護に詳しい長谷川裕雅弁護士によると、「大人の喧嘩の多くは、喧嘩しそうにない普通の方が当事者になっている」という。
 多い事例の一つは、タクシー運転手とのトラブル。酒に酔った乗客が運転手と喧嘩になるパターンだ。酔ってタクシー内で寝込んでしまった場合、「目的地で運転手に揺り動かされた瞬間、防衛本能で思わず手を出してしまうことがある。この場合にタクシー運転手が警察に通報すると、飲酒している乗客が圧倒的に不利になる」(同)。
 酔ってタクシーに乗り、目が覚めたら警察官に囲まれていたということのないように、お酒の飲み方には十分に気をつけたい。

 交通トラブルにも要注意だ。車外に出ると、何もしなくても、相手が「突き飛ばされた」と言い出したりする恐れもある。相手が医師の診断書を取れば、何もしていなくても、傷害の容疑者とされてしまう可能性もある。このようなトラブルに慣れている“プロ”も存在する。挑発されても車外には出ずに、車内から携帯電話で警察に通報したほうが安全だろう。

 このように、ストレス社会では、些細な火種に端を発し喧嘩に発展することも多い。たかが小競り合いでも、暴力は立派な犯罪だ。相手に暴力をふるうと暴行罪(刑法208条)。相手に怪我を負わせたら傷害罪(刑法204条)で、15年以下の懲役または50万円以下の罰金という法定刑が待ち構えている。
「手を出したのはお互いさまだから大丈夫」と油断していると危ない。「喧嘩両成敗」は中世日本の法原則の一つだったが、現代の法律においては、大人の喧嘩に両成敗という考え方は存在しないからだ。長谷川弁護士は次のように解説する。
「お互いに手を出したなら、理論上は二人とも加害者であると同時に被害者です。ところが警察は、そのように判断しない。どちらか一方が加害者、もう一方が被害者というわかりやすい構図に当てはめて事件を片づけようとするので、実態はお互いさまでも、どちらか一方だけが加害者にされることもある」

 相手も手を出したのだから正当防衛だ、という抗弁も通用しない。正当防衛は、急迫不正の侵害に対して自分や他人の権利を守るためにやむをえず行う行為をいう(刑法36条)。最初に向こうから暴力をふるわれたら正当防衛が成り立ちそうだが、「相手に怪我を負わせた時点では怪我を負わせたほうが優位だったとみなされ、切羽詰まった状況ではなかった、すなわち急迫性はなかったと判断される可能性が高い」(同)。

 では、実際には何によって加害者/被害者が決まるのか。鍵を握るのは110番通報だ。
「警察は、通報した側が被害者であるという予断を持って現場に駆けつけます。そのためどちらかが血を流して倒れているといった明白なケースでないかぎり、そのまま通報者を被害者、通報しなかった人を加害者とみなして事件の処理に入る。どっちもどっちの場合は結局、先に通報したほうが圧倒的に有利になる傾向がある」(同)

 逆に相手に先に通報されると厄介だ。現場で警察官に「こちらが被害者だ」と主張しても、なかなか聞き入れてもらえないこともある。被害届を出すことは可能だが、受理を渋られたり、相手への報復目的で制度を悪用していると受け取られて不利に働いたりする可能性もある。加害者のレッテルを一度貼られると、後から覆すのは困難なのだ。身を守るためには、先にこちらが通報するしかない。
「もし先に相手に通報されたら、すぐに弁護士に連絡することも一つの方法。うまくいけば、こちらから被害届を出すなどして、被害者、加害者の構図をくつがえせることもある」(同)


会津若松ホルモン焼肉

会津若松ホルモン焼肉

会津若松ホルモン焼き

新宿ホルモン焼肉

赤坂ホルモン焼肉

池袋ホルモン焼肉

新橋ホルモン焼肉

横浜ホームページ作成

高崎ホームページ作成

前橋ホームページ作成

宇都宮ホームページ作成

水戸ホームページ作成

長野ホームページ作成

群馬ホームページ作成

厚木居酒屋 <大相撲名古屋場所>「待ちに待っていた」胸なでおろす地元

  1. 2011/05/30(月) 10:23:45|
  2. 厚木居酒屋|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
八百長問題を受けて中止されていた大相撲の本場所が、7月の名古屋場所から再開されることが26日、日本相撲協会の理事会で決まった。八百長に関与したとして25人もの力士と親方が追放され、大きな痛手を負った角界だが、相撲ファンからは国技の再生を望む声が上がった。

 「力士の姿が見えないと名古屋の夏じゃないよ」。名古屋市中区で日本料理店を経営する稲葉圭介さん(74)は本場所再開に胸をなで下ろした。出羽海部屋直伝のちゃんこ鍋が看板メニュー。客の多くも「名古屋場所は大丈夫かな」と心配していたという。稲葉さんは「技量審査場所がきちんとできたわけだから、名古屋を開催するのは当然」とクリーンな大相撲に太鼓判を押した。

 「この日が来るのを待ちに待っていた」。岐阜市青柳町の「吉田旗店」の吉田稔会長(71)は、顔をほころばせた。同店は、本場所の会場や部屋などに掲げられる「相撲のぼり」のシェア7割を持つ。名古屋場所開催を見込んで既に15本の製作注文が届いており、26日から約半年ぶりにのぼり作りを再開した。

 東京・両国国技館があるJR両国駅前の居酒屋の男性店長(40)は「本場所は地元にとってはお祭りみたいなもので、場所中は客足も全然違う。商工関係者にとっては生活がかかっているだけに、本場所再開はみんな歓迎です」と喜んだ。

 同駅前のロータリーで客待ちをしていたタクシー運転手、林大洋彦(とよひこ)さん(67)は「本場所再開を楽しみにしていた。八百長に染まらず一生懸命やってきた力士たちの活躍を見たいですね」と話した。

 国技館を見学に来ていた東京都国立市の会社員、十松(とまつ)弘樹さん(50)は「(本場所再開に)嫌な感情はないが、疑惑が残る力士についても、もっと時間をかけて調査すべきだったのでは」と懸念を示した。【黒尾透、河出伸、袴田貴行】

上野居酒屋

池袋居酒屋

中野居酒屋

厚木美容室 松本シネマ認定第1号映画「岳−ガク−」公開−「ロケ地マップ」も /長野

  1. 2011/05/23(月) 18:53:23|
  2. 厚木居酒屋|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
北アルプスや松本市街地を舞台にした映画「岳−ガク−」の上映が5月7日、全国の映画館で始まった。(松本経済新聞)

 同作品は、小学館漫画大賞を受賞した石塚真一さんの「岳 みんなの山」を映画化したもの。日本アルプスを舞台に山岳救助ボランティアの主人公・島崎三歩と仲間たちが繰り広げる重厚な人間ドラマを描く。昨年春にクランクインし、穂高連峰、上高地や松本市街地でも撮影が行われた。

 市では、市内で撮影を行うなど観光振興に資するゆかりの深い作品「松本シネマ」の第1号として同作品を認定。ラッピングバスを運行したり、駅や市役所内に特大スタンディ(立て看板)を設置したりとPRに力を入れる。ストーリーやロケ地を紹介する「映画岳−ガク−信州・松本ロケ地マップ」も作成。北アルプスに加え、松本駅前の居酒屋や市役所屋上などの市街地も、撮影時の写真とともに紹介している。5万部を宿泊施設などで配布。首都圏や関西圏に向けては簡易版も用意する。

 松本シネマライツ(松本市高宮中)では2スクリーンで上映中。上映前には、主演の2人からの特別メッセージを流す。公開記念メニューとして、雪山をイメージした「ココナツミルク味ポップコーン」(S=350円、M=400円、L=450円)も販売。「家族連れや年配の方など、(客層が)いつもより幅広い。普段映画をあまり見ないという人でも、地元が舞台ということで足を運んでくださる人も多い」と同館の柳島健副支配人。

 同作品は、同館、アイシティシネマ(東筑摩郡山形村)をはじめ全国で上映中。

日光宿泊 日光イン

浜岡原発


赤坂居酒屋

赤坂居酒屋

鉄なべ餃子

鉄なべ餃子


会津若松居酒屋

郡山居酒屋

仙台居酒屋

吉祥寺居酒屋

恵比寿居酒屋

宇都宮居酒屋

新宿居酒屋

町田居酒屋

いわき居酒屋

伊勢崎居酒屋

前橋居酒屋

高崎居酒屋

本庄居酒屋

横浜居酒屋

川崎居酒屋

厚木居酒屋


相模原居酒屋

関内居酒屋

藤沢居酒屋

平塚居酒屋

大和居酒屋

上野居酒屋

池袋居酒屋

中野居酒屋

自由が丘居酒屋

目黒居酒屋

下北沢居酒屋

厚木居酒屋 飲み歩き・食べ歩きイベント「おかざきバル」初開催へ−21店参加 /愛知

  1. 2011/05/21(土) 14:17:14|
  2. 厚木居酒屋|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
岡崎都心再生協議会(康生通南3、TEL 0564-25-0080)は4月29日から、「まちなか食べ歩き飲み歩き大作戦!おかざきバル」と称したイベントを東岡崎駅周辺と康生地区で開催する。(岡崎経済新聞)
参加者は、5枚つづりのチケットを購入し、21の参加飲食店の中から5店を選んで、専用メニュー1品とドリンク1杯を食べて飲んで回るもの。1店舗につき1人1枚の使用に限られるが、1冊のチケットを切り離して複数人で使うこともできる。参加飲食店のジャンルは居酒屋、カラオケ、パスタ、すし、インド・ベトナム料理、中国料理など。開催時間は店によって異なるが、ランチタイムの11時から深夜2時ごろまで。専用メニューなどの詳細はホームページで確認できる。

 実行委員長を務める「サラダ館明大寺店」店長の堺康裕さんは「昨年11月に他市で行われた同様のイベントに参加したら、街をたくさんの人が歩いていて、知らない人同士が楽しそうに会話を楽しんでいた。このにぎわいをぜひ岡崎にも呼び起こしたいと思い企画した」と話す。

 同様のイベントはすでに全国各地で成功を収めているが、市内では初の試みとなることから参加店集めには苦労したという。しかし「参加を呼びかけ飲食店を回ってみると、今まで知らなかった魅力的な店がたくさんあることに気付いた。ぜひチケットを入手してお気に入りの店を発見してほしい。一つひとつの店は小さいが、集まれば大きな力になる。このイベントを継続し、多くの人と店、店と店のつながりを作り、活気のある街にしていければ」と意気込む。

 チケットは、前売り=3,500円、当日=4,000円。前売りチケットは参加店舗などで28日まで販売するほか、ホームページから前売り券予約も受け付けている。当日券は13時30分から、サラダ館明大寺店向かいと宝金堂(康生通東1)隣に設ける本部でのみ販売。

 当日使い切れなかったチケットは5月8日まで一部店舗で行う「あとバル」でも使用可。売り上げの一部は東日本大震災の義援金として寄付する。問い合わせはサラダ館明大寺店(TEL 0564-28-6252)まで。

会津若松居酒屋

郡山居酒屋

仙台居酒屋

吉祥寺居酒屋

恵比寿居酒屋

宇都宮居酒屋

新宿居酒屋

町田居酒屋

いわき居酒屋

伊勢崎居酒屋


前橋居酒屋


高崎居酒屋

本庄居酒屋

横浜居酒屋

川崎居酒屋

厚木居酒屋




DTIブログって?