容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

厚木居酒屋 <大相撲名古屋場所>「待ちに待っていた」胸なでおろす地元

  1. 2011/05/30(月) 10:23:45|
  2. 厚木居酒屋|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
八百長問題を受けて中止されていた大相撲の本場所が、7月の名古屋場所から再開されることが26日、日本相撲協会の理事会で決まった。八百長に関与したとして25人もの力士と親方が追放され、大きな痛手を負った角界だが、相撲ファンからは国技の再生を望む声が上がった。

 「力士の姿が見えないと名古屋の夏じゃないよ」。名古屋市中区で日本料理店を経営する稲葉圭介さん(74)は本場所再開に胸をなで下ろした。出羽海部屋直伝のちゃんこ鍋が看板メニュー。客の多くも「名古屋場所は大丈夫かな」と心配していたという。稲葉さんは「技量審査場所がきちんとできたわけだから、名古屋を開催するのは当然」とクリーンな大相撲に太鼓判を押した。

 「この日が来るのを待ちに待っていた」。岐阜市青柳町の「吉田旗店」の吉田稔会長(71)は、顔をほころばせた。同店は、本場所の会場や部屋などに掲げられる「相撲のぼり」のシェア7割を持つ。名古屋場所開催を見込んで既に15本の製作注文が届いており、26日から約半年ぶりにのぼり作りを再開した。

 東京・両国国技館があるJR両国駅前の居酒屋の男性店長(40)は「本場所は地元にとってはお祭りみたいなもので、場所中は客足も全然違う。商工関係者にとっては生活がかかっているだけに、本場所再開はみんな歓迎です」と喜んだ。

 同駅前のロータリーで客待ちをしていたタクシー運転手、林大洋彦(とよひこ)さん(67)は「本場所再開を楽しみにしていた。八百長に染まらず一生懸命やってきた力士たちの活躍を見たいですね」と話した。

 国技館を見学に来ていた東京都国立市の会社員、十松(とまつ)弘樹さん(50)は「(本場所再開に)嫌な感情はないが、疑惑が残る力士についても、もっと時間をかけて調査すべきだったのでは」と懸念を示した。【黒尾透、河出伸、袴田貴行】

上野居酒屋

池袋居酒屋

中野居酒屋

<<  厚木美容室 松本シネマ認定第1号映画「岳−ガク−」公開−「ロケ地マップ」も /長野  |  ホーム  |  厚木居酒屋 大人の喧嘩は「先に110番したほうが勝つ」理由  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://izakayaag.dtiblog.com/tb.php/3-ff67fe4b

DTIブログって?